理学療法士の一日の仕事
   | トップページ | 理学療法士とは | どんな仕事をするのか |一日の仕事の流れ | リンク集 |  サイトマップ  
 
 
  メニュー
トップページ
理学療法士とは
どんな仕事をするのか
一日の仕事の流れ
リンク集
サイトマップ
 
一日の仕事の流れ
 
 
理学療法士の一日の仕事の流れを紹介しましょう。まずは全体ミーティングを行います。理学療法士というのは単独で仕事をしているのではありません。他のリハビリ専門家とチームになって患者のサポートを行っているのです。その日の連絡事項を聞いたり、情報交換を行います。次にリハビリ室で実際に訓練を行います。それぞれの患者に合わせた訓練のメニューを理学療法士が考えて、それを行っていくのです。また、病院ではベッドサイドリハも行います。患者が自室で基本動作やトイレ動作などができるようにサポートするのです。

病院では午後になると病棟回診が行われます。主治医や看護士、ソーシャルワーカーなどと協力をしながら、それぞれの患者の部屋を訪問して回診を行います。現在の状態を報告したり、問題点やこれからの方向性について確認します。その際には医師としっかりとコミュニケーションを取り、分からない点についてもしっかりと確認します。一日の終りにはカルテ入力をします。そこで具体的な患者の悩みや不安、PT評価などを入力していきます。その情報はみんなで共有します。勤務後にも勉強会を行い、新しい知識の習熟に努める方が多いです。このような流れで仕事をしています。
 | トップページ | 理学療法士とは | どんな仕事をするのか | 一日の仕事の流れ | リンク集 | サイトマップ  
Copyrightc2017 理学療法士の一日の仕事 All Rights Reserved.