理学療法士の一日の仕事
   | トップページ | 理学療法士とは | どんな仕事をするのか |一日の仕事の流れ | リンク集 |  サイトマップ  
 
 
  メニュー
トップページ
理学療法士とは
どんな仕事をするのか
一日の仕事の流れ
リンク集
サイトマップ
 
どんな仕事をするのか
 
 
理学療法士は具体的にどのような仕事をするのでしょうか。理学療法士は理学療法の専門家です。理学療法は大きく分けると運動療法と物理療法に分けることができます。運動療法というのはストレッチや体操、歩行訓練などを通して筋力改善をすることです。そして、この運動療法を補助するものとしてマッサージをしたり温熱療法をするのが物理療法です。この2つを組み合わせることによって、理学療法士は患者の運動能力の回復を促していきます。

理学療法士はリハビリのプロといえる存在です。たとえば急性期の患者に対して手術直後の患者に対してすぐに基本動作ができるようになったり、機能回復ができるようにサポートします。また、回復期のリハビリも行います。在宅復帰を目指すためのリハビリをするのです。ベッドから離れて自立した生活ができるように日常生活の基本的な動作や歩行などの訓練をします。生活期のリハビリも行います。

実際に歩いて行動したり、自宅の改修の提案をしたり、家族に対して解除方法を説明するなどさまざまな支援をしています。さらに理学療法士は訪問サービスによるリハビリにも対応しています。 このように理学療法士の行う仕事は非常に幅広いものとなっています。
 | トップページ | 理学療法士とは | どんな仕事をするのか | 一日の仕事の流れ | リンク集 | サイトマップ  
Copyrightc2017 理学療法士の一日の仕事 All Rights Reserved.