理学療法士の一日の仕事
   | トップページ | 理学療法士とは | どんな仕事をするのか |一日の仕事の流れ | リンク集 |  サイトマップ  
 
 
  メニュー
トップページ
理学療法士とは
どんな仕事をするのか
一日の仕事の流れ
リンク集
サイトマップ
 
理学療法士とは
 
 
理学療法士とは動作についての専門家です。日常生活では立ち上がったり、起き上がったり、寝返ったりという動作をする必要があります。これらの動作ができなくなってしまった方のために動作の改善を促すためのサポートをするのが理学療法士です。理学療法士の仕事によって患者は筋力強化や痛みの軽減、関節可動域の拡大といった効果を得ることができます。これらの運動機能の改善に直接働きかけることができる治療法が存在しています。それを熟知しているのが理学療法士です。動作改善のために必要な技術を駆使することによって、患者が日常生活に戻り自立した生活を送れるようにします。

理学療法士というのは国家資格となっています。免許を持っていなければ名乗ることはできません。病院やクリニック、あるいは介護保険施設でも働いています。また、プロスポーツのサポートを担当している理学療法士もいます。障害のある人を助けるだけではなくて、健康管理や身体機能保持、身体機能の増進のためのアドバイスをすることもできます。そのためこれからの高齢化社会を支えていく重要な専門職といえるでしょう。専門的な知識と技術を活かして多くの人を救っているプロのリハビリストといえます。


≪ 理学療法士関連サイト ≫
理学療法士として働くためには資格が必要です。専門学校などへ通いながら資格取得を目指す方が多く、こちらの専門学校は多くの卒業生が理学療法士として活躍しています → 理学療法士 資格  
 | トップページ | 理学療法士とは | どんな仕事をするのか | 一日の仕事の流れ | リンク集 | サイトマップ  
Copyrightc2017 理学療法士の一日の仕事 All Rights Reserved.